• HOME
  • お薬の基礎知識
お薬の基礎知識

お薬について

■ お薬の保管

  • お薬は高温、湿気、直射日光をさけて保管しましょう。
  • 冷蔵庫で保管するよう説明があった場合は、その様にして下さい。
    その際、お薬を凍らせないように注意して下さい。
  • 子供の誤飲を防ぐためにも、子供の手が届かない所に保管しましょう。
  • お薬の箱や袋、説明書なども一緒にしておきましょう。
  • お薬には有効期限があります。
    期限が過ぎたもの、変色、変形しているようなお薬は処分しましょう。

■ お薬の飲み合わせ

お薬の中には一緒に飲むと副作用が出たり、効果が弱まったりする場合があります。 また、お薬の名前が違っていても主成分が同じで、重複してしまう場合もあります。
お薬を飲む時には相互作用・重複を防ぐために、処方せんでもらうお薬、OTC医薬品(市販薬)を問わず、今飲んでいるお 薬やサプリメント等は必ず薬剤師に伝えましょう。その時にはぜひ、「おくすり健康手帳」を活用して下さい。


■ お薬は十分な水で飲みましょう

お薬を水なしで飲むことや十分な水で飲まないと、お薬が胃まで届かずに食道に付着してしまい、食道炎などを起こす原因となります。また、お薬は水に溶けてから吸収されて効果を発揮します。お薬を飲む時は十分な水で飲みましょう。


■ お薬はそのまま飲みましょう

自己判断で、錠剤を割ったり砕いたり、カプセルをはずしたりして飲むのは止めましょう。お薬の中には、苦味を隠すためにコーティングしてあるもの、徐々に溶け出すようにしてあるもの、また胃酸で成分が分解されてしまうのを防いでいるもの等、色々な工夫を施してあるものがあります

活動内容 入会について 関連サイト

中原区薬剤師会では、皆様のご意見、ご要望等を受け付けています。皆様の貴重なご意見等は、今後の中原区薬剤師会の運営に役立てていきます。

ご意見・ご要望はこちらから